製作社内コンクールについて.png
倒したら負け(2017)

製作社内コンクールとは

技術の向上、開発を目的に1968年(昭和43年)に始まって以来、約50年以上にわたりつづく株式会社岩崎(イワサキ・ビーアイ)の社内製作コンクールです。

 

普段は飲食店のオーダーに忠実なものづくりを目指している製作技術者が、唯一「つくりたいものをつくる」ことを許される場として、自由な発想のもと持てる技術と経験のすべてを注ぎ込み、本物と区別のつかない超リアルな作品や、遊び心やユーモアにあふれる作品など、毎回数々の名作を生み出してきました。長年にわたるその活動は多くの新技術や新しい表現方法の発見、新商品の開発へとつながっています。

2021年度のコンクールのテーマは「人を笑顔に」。人々を笑顔にするような驚きと感動にあふれる作品を生み出すべく、イワサキ・ビーアイに在籍する約70名の食品サンプル製作技術者が腕を競い合います。